本文へスキップ

toの意味、toの使い方、toを使った文の説明

TEL.0248-22-3715

〒961-0004 白河市萱根大清水56−2

オリジナル英単語帳no.45words



to [トゥー]


 〜へ、〜に、〜まで


to + 動詞の原形で≫ 不定詞を作る語




同音語:two ()【No.63too (〜もまた)【No.29



go to school 『学校へ行く』


listen to music 『音楽を聞く』→【No.284listen


from to 『〜から…まで』


to one's surprise 『驚いたことに』

one'sの部分には所有格が入る。

→【
No.736surprise



to tell the truth 『真実を言うと』→【No.1027truth





I go to school by bike. 『私は自転車で学校へ行きます。』





Let's listen to music. 『音楽を聞きましょう。』





May I speak to Emi, please?

『エミをお願いします。』
【電話で】





Turn (to the) right at the next corner.

『次の角で右に曲がりなさい。』



→【
No.587turn】【No.191right

No.105next】【No.405corner





It's five to nine.

『9時5分前です。
/ あと5分で9時です。』





China is to the west of Japan.

『中国は日本の西のほうにある。』



→【
No. 416 west





The library is open from nine to six.

『その図書館は9時から6時まで開いています。』



→【
No. 512 library





☆ 動詞〔物〕to〔人〕 『〔人〕に〔物〕を 動詞 する』

… Please give the book to me.

『その本を私にください。』



= Please give me the book.



上は第3文型、下は第4文型の文。

動詞が
give, show, teach,tellなどの文ではtoを使う。



最下部の説明も参照のこと。



≪不定詞()…@AB≫ くわしくは【ダントツ英文法】参照のこと。


I like to swim. = I like swimming.


『私は泳ぐのが好きです。』



→【
No. 111 swim





They went to the park to play soccer.

『彼らはサッカーをするためにその公園へ行きました。』



went go の過去形 →【No. 135 go





I'm happy to hear that.

『私はそれを聞いてうれしいです。』
→【No. 304 hear





Tom wants something to drink.

『トムは何か飲むもの
(←飲むための何か)
欲しがっています。』



→【
No. 621 something





to + 動詞の原形【不定詞()

@ 〜すること [名詞用法]

A 〜するために、〜して [副詞用法]

B 〜するための、〜すべき [形容詞用法]

ダントツ英文法【不定詞@AB】参照。







疑問詞 + to 【不定詞()


how to 『〜の仕方、〜の方法』→【No.53


who to 『だれ[]〜すべきか』→【No.141


what to 『何を〜すべきか』→【No.51


where to 『どこ[]〜すべきか』→【No.146


when to 『いつ〜すべきか』→【No.143


which ( 名詞 ) to 『どちら( 名詞 )を〜すべきか』

→【
No.159



why を使った用法はない。→【No.582







≪不定詞() くわしくは【ダントツ英文法…不定詞C】参照のこと。


I know how to swim. 『私は泳ぎ方を知っています。』

→【No. 53 how







≪不定詞() くわしくは【ダントツ英文法…不定詞D】参照のこと。


It is ( for〔人〕) to . 【不定詞()

(〔人〕にとって) …するのは〜だ。』

for〔人〕の部分がない英文もある。


… It is difficult for me to read the book.

『私にとってその本を読むのは難しい。』



→【
No. 275 difficult







≪第3文型と第4文型≫ 【プリント教材】も参照のこと。

第3文型 主語 動詞  目的語  から成る文。
(
それ以外の語句は 意味を付け加える おまけの語)


第4文型 主語 動詞  目的語『〜に』[人]
 目的語『…を』[物] から成る文。



動詞〔物〕to〔人〕 〔人〕〔物〕を動詞する

Please teach English to me. …【第3文型】

= Please teach me English.
…【第4文型】


@ 動詞が give, show, teach, tell などの文ではtoを使う。

A 動詞が buy, make, get, cook, choose, find のときはforを使う。

中学生はbuy, makeをまず優先的に覚えましょう。



tofor の使い分け≫

『与える』『教える』など、2人以上の人が必要な動作のときにはto

『買う』『作る』など、1人でできる動作のときには
forを使う。













その他の英単語を調べたいときは…

ネット英単語帳のページへ↓
(http://eigoblock.net/word-search/)




メルマガ登録(完全無料)はこちらから簡単にできます。

お名前はニックネームでも大丈夫です。

 

ご入力後、下の確定ボタンを1回クリックしてください。

           


※配信停止は、いつでも簡単にできます。